書き損じた年賀状の交換方法を徹底解説

年賀状を作成していて、宛名やメッセージを書き間違えてしまった…といったミスをすることは少なくありません。
一般的な便せんとは異なり、年賀はがきは1枚60円以上する物なので、書き損じたはがきをそのまま廃棄してしまうのはもったいないところです。

そこで今回は書き損じの年賀状を有効活用する方法をまとめました。すでに書き損じはがきを持っている方も、これから年賀状作成に取りかかる方も、万一のためにぜひ参考にしてください。

デザイン面・宛名面ともに書き損じた年賀状を修正して出すのはNG!

最近はデザイン面、宛名面ともに手軽に印刷できるようになったので書き損じのリスクは減りましたが、一言添え書きする際などに誤字・脱字してしまう可能性はゼロではありません。

1文字抜けた、あるいは間違ったくらいなら、修正液や修正テープを使ってごまかせるのでは?と思われるかもしれません。しかし、どんなにきれいに修正したつもりでも、改めて見直すと修正した箇所だけ周囲から浮いているのが一目でわかります。

年賀状は新年を迎えて初めてのご挨拶ですので、書き損じたはがきを修正してそのまま出すのは失礼になってしまいます。たとえ友達宛であっても「親しき仲にも礼儀あり」といいますので、1文字でも書き損じたら新しく書き直したほうがよいでしょう。

特に宛先や宛名を間違えてしまった場合、修正して出すのはNGです。

本来、年賀状は日頃交流があったりお世話になっている人に挨拶するための書状ですが、書き損じはがきを送るとかえって失礼になってしまうため注意しましょう。

書き損じた年賀状は郵便局の窓口でさまざまな物に交換してもらえる

書き損じた年賀状は廃棄するしかないのか…というと、そんなことはありません。実は書き損じた年賀状は郵便局の窓口まで持っていくと、所定の手数料を支払うことでさまざまな物に交換してもらえます。

ただし、現金や印紙に交換することはできません。以下で書き損じ年賀状と交換できる物と手数料を種類別にまとめました。

新しい年賀状

その年の年賀はがき販売期間中であれば、書き損じた年賀はがきを新しい物と交換してもらえます。例年年賀はがきは前年の11月1日~1月上旬頃まで販売されているので、その間に書き損じた場合は新しいはがきと交換してもらって書き直すとよいでしょう。

交換には1枚5円の手数料が発生しますが、新しい年賀状を買い直すよりは断然お得です。

通常はがき

年賀はがきの販売期間を過ぎた後や、新しい年賀状を必要としない場合は通常のはがきに交換することが可能です。

年賀状は松の内(1月7日頃)までに送るものなので、何らかの事情で年賀状を出すのが遅れた場合は通常のはがきを使用して寒中見舞いを出すのが一般的です。

正月中に年賀状を出しそびれた方は1枚5円の手数料を支払って通常のはがきに交換し、寒中見舞いを出すとよいでしょう。

往復はがき・郵便書簡(ミニレター)

郵便書簡(ミニレター)とは、封筒と便せんと送料がセットになったアイテムのことです。25gまでの薄くて軽い紙片状のものなら郵便書簡で送れるので、チケットや写真などを送付する予定がある方は郵便書簡に交換して有効活用しましょう。

スマートレター

スマートレターとは、A5サイズ、1kgまでなら全国一律料金で送ることができる封筒です。スマートレターに収まるものであれば、信書を含む色々な物を送れるので、手軽な郵便サービスとして活用されています。

スマートレターの料金は180円なので、お年玉付き年賀状(63円)と交換する場合、1枚5円の手数料を差し引いたうえで、差額の122円を窓口で支払えばスマートレターと交換してもらえます。

レターパック

レターパックはスマートレターよりさらにサイズの大きい物を送れる封筒で、A4サイズ・4kgまでの物なら全国一律料金で送付できます。

レターパックにはA4サイズ・4kg以内なら厚さに関わらず利用できるレターパックプラスと、厚さ3cmまでに制限されているぶん、料金が安く設定されているレターパックライトの2種類があります。

レターパックプラスは520円、レターパックライトは370円なので、書き損じた年賀状はがきと交換する場合は手数料5円を差し引いたうえで、462円または312円の差額を支払うことで各種レターパックを入手できます。

切手・ゆうパック送料

はがきは使わないけれど、手紙のやり取りをするという方は書き損じ年賀状を切手に交換しましょう。

書き損じた年賀状を交換するうえで注意しておきたい2つの点

1. 料額印面が汚れている物は無効となるので注意

書き損じた年賀状はイラストの失敗、宛名の誤字などミスの内容にかかわらず交換してもらえますが、料額印面が汚れている物などに関しては無効となるので注意が必要です。
料額印面とははがきや郵便書簡などの郵便物の料金を表す部分のことで、たとえば年賀状なら宛名面の左上に印刷されている切手のようなマークが料額印面に該当します。

2. お年玉付き年賀はがきなら当選番号確認後の交換がベスト

お年玉付き年賀はがきの当選権利ははがきを受け取った人のみ有効と思われがちですが、実は書き損じはがきの所有者でも当選すれば賞品を受け取れます。

賞品はその年によって異なりますが、現金、ふるさと小包、お年玉切手シートなどいろいろな物が用意されているので、当選番号を確認してから交換を検討したほうがよいでしょう。

ただ、お年玉賞品の当選番号は例年1月中旬頃に発表されるので、新しい年賀状に交換して書き直したい方は当選番号の発表を待たずに交換する必要があります。

書き損じ年賀はがきにはさまざまな使い道がある!

大量の年賀状を作成していると何枚かの書き損じが出てしまうのは当然です。郵便局の窓口に持っていけば新しい年賀状や切手、通常のはがきなどいろいろな郵便物に交換してもらえるので活用しましょう。

手数料はかかりますが、新しく買い直すよりお得なので、捨てずに有効活用しましょう。

関連コンテンツ